北九州高専 制御情報工学科

学べること

学べること

4年生で学べること

学外実習

企業,公的機関,大学等において短期間の現場実習を体験します.企業における生産・開発・研究などを実践的に学び,実社会の厳しさを知るとともに,社会人に必要な人間性(責任感・協調性・倫理観など)を育みます.期間は,学外実習は夏休みの1週間程度,長期学外実習は毎週1日です.

制御情報実験

4年生になると専門科目の実験が始まります.6つのテーマを班ごとに行います.1つのテーマは4週あり,じっくりと実践的に学ぶことができます.

(A)DCサーボモータのフィードバック制御による動特性改善
(B)加工精度測定実験
(C)PLCによるシーケンス制御1
(D)ディジタル回路応用実験
(E)UNIXシステムに関する実験
(F)マイコンを用いた回路制御実験

コンピュータ基礎

2年生の情報処理に続いて「C言語」を学びます.3年生ではより高いレベルのプログラミング技術を身につけるためにPBL学習を導入しています.PBL学習とは与えられた問題をどのように解決するかを考える学習方法で,実践的なプログラミング技術を身につけることができます.

アルゴリズム,コンピュータアーキテクチャI・II

3年生までに身につけたコンピュータの基礎知識とプログラミング技術を応用の科目です.ソフトウェアを開発するために必要なデータ構造やアルゴリズム,コンピュータの仕組みやハードウェア構成などを学びます.4年生になるとこのような専門性が高い科目が増えてきます.

専門科目(機械系・電気電子系・情報系)

4年生になると専門科目が増えてきます.材料力学,熱システム工学,水力学などの機械系科目,電気磁気学,図形処理工学など電気系・情報系科目など多くの分野を学びます.他学科にない幅広い分野をカバーしたカリキュラムで即戦力となる技術者の育成を目指しています.

北九州工業高等専門学校 制御情報工学科 / 知能ロボットシステムコース