北九州高専 制御情報工学科

学べること

学べること

5年生で学べること

卒業研究

高専の最大の特徴は「卒業研究」があることです.学生は研究室に所属して担当教員の指導のもと研究を行います.制御情報工学科の研究は「機械系」「電気電子系」「情報系」と多岐にわたっており,学生は興味を持ったテーマを選択することができます.研究テーマに多様性があることも本学科の特徴のひとつです.

【研究テーマ例】
・超音速噴流と物体との干渉に関する実験的研究
・小型風車の開発に関する研究
・ステガノグラフィを用いたアンドロイドアプリケーションの研究開発
・トレーサビリティを考慮した医療向け安全安心システムの研究開発
・天井走行クレーンシステムの振動抑制に関する研究
・高い生存率を目指した細胞穿孔装置の開発
・干渉駆動型関節機構の開発および制御方法の検討
・集中系モデルによる浅水波のスロッシングの解析
・粒状堆積物の体積・重量の非接触推定
・二足歩行ロボットの動力学解析

設計製作(4年・5年)

班ごとに分かれて旋回クレーンタイプのロボットを製作します.寸法,値段,材料に制約を設けており,限られた中で目的を達成するロボットを作ります.4年生後期と5年生前期で実施される授業で,5年生の最後に荷物の運搬時間を競うコンテストを行います.制御情報工学科で学ぶ知識と技術の集大成とも云える科目です.

北九州工業高等専門学校 制御情報工学科 / 知能ロボットシステムコース