北九州高専 制御情報工学科

イベント写真

平成24年12月28日(水)

インターンシップ講演会

制御情報工学科3年、4年向けにインターンシップ講演会を開催しました。講師は、制御情報工学科卒業の平野杏子氏です。
題目は、「学生時代に学生時代にやっておいてよかったこと、やっておけばよかったこと」です。
やっておくべきは、「日本語。会社では、説明しても説明がうまくないと理解してもらえない。」と困ったことを体験をもとに話してくれました。
やっておいてよかったことは、クラブ活動。人とのつながり、年上の人との接し方、共通の話題にできる、気分転換になるなどの利点を学生が理解できる身近な目標として説明してくれました。
これらを総合すると、会社で必要なのは、お願いする力、幹事をする力、レスポンスの速さ、チャレンジ精神である。仕事で困ったときに助けてもらえると仕事がうまくできるとポジティブに語ってくれました。

北九州工業高等専門学校 制御情報工学科 / 知能ロボットシステムコース